強制保険

自動車保険自動車保険には、加入が強制されている自賠責保険と、加入が強制されていない任意保険の2つの種類があります。強制保険は、その名の通り、法律で加入が義務付けられている保険です。これに対して、強制保険でカバーしきれない部分の損害賠償金を補う保険が任意保険です。任意保険には特約というものを付けることもできます。
事故の被害者は加害者から損害賠償を受けることになりますが、もし自動車保険に加入していなければ、加害者が全く資金のない人であった場合、被害者は救われません。そこで、強制的に保険に加入させることによって、最低限の補償を確保し、被害者の保護をしようとする制度が強制保険です。被害者保護という制度の趣旨のため、人身損害についてだけ保険金が支給されます。物損についての保険金の支給は一切ありません。

自賠責保険の代わりに、農協、全労災などの自賠責共済に加入することも可能です。自賠責保険に加入していない自動車は行動を走ることが禁止されています。もしも、これに違反して走行すると、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金が科せられます。強制保険と呼ばれるのには、そのような背景があるのです。
人身損害については、傷害による損害で120万円、死亡による損害で3000万円でまでが自賠責保険からの支払限度額とされています。後遺障害が残った場合に関しては、14級から1級まで等級が定められており、損害の程度によって支払限度額も定められています。支払限度額は、一定の障害に該当して、介護を要する後遺障害の場合には4000万円、それ以外の場合には3000万円がそれぞれの限度額となっています。傷害事故で賠償額が120万円を超えるような場合には、加害者が任意保険に加入していれば、超える額について任意保険から補てんを受けることができます。

支払われない場合

強制保険は、自動車を運転していたものに自賠責法3条にある運転供用者席んが認められる場合に支給されます。よって、例えば盗難車で事故を起こしたような場合には、第三者に運転を容認していたとは認められないため、原則として、車の所有者には運転供用者責任が発生せずに、保険金は支給されないことになります。ただ、もしも鍵をかけたまま路上に車を停車していて盗難にあった場合などのように、所有者の管理上の問題があったような場合に、車の所有者に運行供用者責任が発生することになりますので十分にご注意ください。